医療過誤と医療訴訟

日本が世界に誇る事の一つとして、「高い医療レベル」というものが挙げられます。
世界に誇る長寿大国である日本の健康を守っているのは、まさに医療の力であるといっても過言ではありません。
医療があるからこそ人は健康でいることが出来るわけです。
医療は日夜の研究によって進歩を続けており、昨日治らなかった病気が明日には治るかも知れません。
再生医療の研究が、未来の医療技術に革命的な発展をもたらすことが期待されています。


さて、この医療技術の発展というのはすさまじいものですが、それでも現在ではまだ変わらない部分があります。
それは、最終的にその医療技術や知識をふるい、医療を行なうのは病院で働く医師、看護士という人間である、ということです。
人間が行なう以上、そこにはヒューマンエラーという形でミスが発生してしまう可能性があります。


こういった形で発生する医療問題のことを「医療過誤」ないしは「医療ミス」といいます。
それによって、最悪の場合では患者が死に至ってしまう可能性もないわけではありません。
障害が残ってしまうことも当然あります。
こういった時、患者が起こすことが出来るのが「医療訴訟」です。


医療訴訟という考え方が広まってきたのは、1999年頃からです。
この頃からメディアなどでも医療過誤の問題が大きく取り上げられるようになり「医者が絶対である」という考え方が崩れてきました。
この先では現在に至る、医療訴訟の推移を紹介します。

Copyright © 2014 医療訴訟の推移 All Rights Reserved.